リア充だけが人生を楽しんでいる訳じゃない

あなたはリア充という言葉を聞いたことがありますか。もしかすると、知らない人ほど当てはまる人なのかもしれません。「リア」は「リアル」を略したもので、「充」は「充実」の意味で使われています。リアルの世界、すなわち現実世界での生活が充実している様、もしくは人を表現するためにできた言葉です。一種のネットスラングのようなもので、現実世界において積極的に使う人は少数派といえるでしょう。どちらかといえば、現実世界での生活が充実していない人側から使われるケースが多く、充実の毎日を送る人と差別化するために使われることもあります。インターネットを始めとする2次元の世界において、饒舌な語り口で幅を利かせている人がイコール「リア充」とは限りません。でも、彼らには、リアルが充実していないことを嘆くというよりは、それをいっそのこと楽しもうとしている節も感じられます。リアルではつまらない毎日を送る人が、2次元の世界でなら人々に必要とされて人気者になれる、そんな世界があっても良いと思いませんか。自分の居場所が現実世界になくても、他に心が休まる世界があれば、また明日も頑張ろうという気になれるものです。もちろんのめり込み過ぎて現実世界に戻れなくなっては本末転倒ですが、これもストレスの一つの解消法ではないでしょうか。帰宅後に、パソコンに直行して2次元の世界を楽しむ生活を、たとえリア充に批判されたとしても、これが自分にとっての充実なんだと思える人なら、きっと楽しい毎日を送っていることでしょう。